気になる導入に必要な費用や選び方

太陽光発電を導入する場合、まず利用者はどこのメーカーのものにするか、また、施工業者はどこにするかを決める必要があります。
また、太陽光発電システムですが、メーカーによってもかなりの値段の違いがあります。
それは、利用している素材の違いが大きく影響しています。
例えば、単結晶型の場合、100万円から170万円程度のところもあります。
多結晶型の場合も、100万円から130万円程度で販売しているものもあります。
ただ、この価格だけに惑わされるのはあまり良いとは言えません。
実際には発電効率もあるし、また、製品の保証期間なども考える必要が出てきます。
例えば、その発電効率はメーカー間を比較してみると、実は7%程度の差があることもあるのです。
数字で見ればそれほど大したことがない差とも言えますが、実際の発電量を比べると、その差はかなりものとなります。
そのため、初期費用は他社に比べてそれほど高くない場合でも、トータルで行くと電気代が思っていたほど安くならなかった、なんていうこともあります。
また、太陽光発電の設置には、施工業者も必要となります。
したがって、システムの費用だけではなく、施工費用なども必要となります。
ただこれらに関して言えば、その施工業者がキャンペーンを行っているときなどは、それ以外のときよりもお得に太陽光発電を導入することができます。
また、国や地方自治体では補助金を出していることもあります。
それを利用することができると、利用しないときに比べてもお得に設置することができるようになるのです。
したがって、太陽光発電ですが、どうしてもその導入にかかわる費用だけに目が行きがちですが、実際に選ぶときはそれ以外にも目を向ける必要があります。
各メーカーによって発電効率も違えば、もちろん価格も違います。
保証期間も無料だったり有料だったり、さまざまです。
そのため、自分が太陽光発電に対して、導入するときのコストを重視するのか、発電量を重視するのか、そのようなことをはっきりとさせてからメーカーや業者を選ぶ必要があるといえます。