太陽光パネルの種類と特徴

太陽光発電にかかわるメーカーは国内外でたくさんあります。
実用化されているものもたくさんあり、私たちはその中から自分の家で使うものを選ぶ必要があります。
では、その種類はどのようなものがあるのでしょうか。
一つは単結晶シリコン太陽電池です。
これは、太陽電池の開発初期からのものとなります。
発電効率はかなり高いのですが、生産コストが高い面があります。
そのため、これを使用する場合、たくさん発電することは期待できますが、初期費用がそれ以外のものよりも少々大目に必要となります。
二つ目は多結晶シリコン太陽電池です。
これは、多結晶シリコンを使用したものとなります。
単結晶に比べて発電効率は低めとなってしまいますが、製造コストが安いというメリットもあります。
そのため、近年の太陽光発電ではこれを使用したものが多く出回っています。
三つ目はアモルファスシリコン太陽電池です。
アモルファスシリコンとは、ケイ素を主体とする非晶質半導体のことです。
結晶シリコンに比べて製造コストは安くなり、高温時の出力低下が少ない点がメリットとなっています。
ただ、紫外線によって経年劣化しやすいのがデメリットのものです。
以前はソーラー電卓などに利用されているものでしたが、現在は屋外での使用にも耐えることができるように改良化が進み、屋外用として実用化されています。
ちなみに、結晶シリコンとアモルファスシリコンを組みあわせたハイブリッド型もあります。
それ以外には、化合物系太陽電池や有機系太陽電池があります。
ただ、多くは上記の3つが使用されているのが現状です。
それぞれで発電効率が違うこと、また、そもそも価格がかなり違うので、利用者はどれを選ぶかしっかりと決める必要があります。
また、発電効率そのものは、システムを設置している場所によってもかなり違います。
屋根の形状によってもその発電効率が落ちる場合もあるので、様々なことから総合的にどのタイプを使用するかを決めるのが重要です。